トップページ


俳句文芸協会は、俳句を専門として多分野に日本文化を広める活動をしています。


<俳句文芸協会について>

 俳句に関する活動(事業)を行うことにより、俳句の文芸としての価値を高め、日本文化の発展を目指し将来へと俳句を伝承、そして、日本文化の代表的役割を継承することを目的としています。



トピックス

 「俳句記念日」「俳句検定」「俳句講師養成講座」「俳句TV」「おしゃべりHAIKUの会」
  • 「俳句文芸協会」は、NBSグループのなかの一部です。伝統的な日本文化のもとに、自由な発想で新たな世界の展開を目指して活動しています。新しい俳句ライフを同時代人として提案してゆきます。
  • 「おしゃべりHAIKUの会」の句会を中心に各句会を開催。
  • 「俳句記念日」2014年に制定。日本記念日協会から認定を受け俳句大会を毎年8月19日に開催。
  • 「俳句検定」2022年6月に商標登録。
  • 「俳句講師養成講座」認定資格を設け認定講師を育成。
  • 「俳句TV」ネットテレビのライブ配信を中心にオンライン活動を展開。
  • 入会のお申込みはこちら https://forms.gle/MuXQS9U3txoZ93LU6

ブログ

秋のイベント無事終了!

2023年11月25日一般社団法人俳句文芸協会プロジェクトNo3「マナーの基本&俳句575」
の秋のイベントが無事終了いたしました。

 まずは初めに俳句575の講演から

今回は「あなたはどちらの俳句が好きですか?」という質問形式の講演といたしました。
最近の試みである「なんちゃって俳句」と俳句日記の対決で俳句相撲式にどちらかを選んでいただく参加して下さった方々と一緒の講演です。面白いご意見が聞けて楽しかったです。

 そして、お待ちかねのマナーの基本の講演を藤原安紀先生にお願い致しました。どんなマナーがあるのかや世界基準のプロトコールマナーのお話しから、お箸の持ち方、割りばしの割り方やお蕎麦の食べ方など、日常の生活の中にマナーは自然に必要なんだというお話しなど、愛情あふれる講演でした。

 そして、後援会長の飯田優子さんにイベントを締めくくって頂き交流タイムも和やかに過ごすことが出来ました。

人名和歌のうたみのるさんから参加者の方のお名前に和歌を詠んで和紙に書いていただくというブースのあり、和文化の雰囲気の綺麗な会場でゆったりと充実した講演が開催できたと感じております。

また、次回を楽しみお越しください。

 

› 続きを読む